薄毛対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

植毛は地毛に人工毛を植え付けるやり方が一般的?メリットやデメリットとは

 

質問

植毛は地毛に人工毛を植え付けるやり方が一般的?

 

答え

はい。または、毛根に直接植え付ける方法もあります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

植毛のやり方は、地毛に人工毛を植え付ける方法と、毛根に直接植え付ける方法とがあるよ!それぞれにメリットやデメリットがあるから、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 植毛のやり方
  • 植毛という選択肢のメリット
  • 植毛をすることによって生じる結び目、結び方のデメリットとは?
  • いろいろな植毛方法を調べてみる
  •  

    目次

     

     

    植毛のやり方

     

    増毛の選択肢の一つとして植毛という方法が挙げられます。植毛を行っているサロンでは様々な技術を開発していて、以前に比べてかなり自然な感じに増毛できるようになっていますし、丈夫な構造になっていますので安心できるというのがうれしいところでしょう。

     

    植毛にはいくつかのやり方がありますが、一般的に普及している方法は、地毛に人工毛を結びつけるというものです。地毛の根元のところに2本から4本の人工毛を結びますので、髪の毛が2倍から4倍になり、気軽にボリュームアップできることになります。

     

    薄毛

     

    この毛の結び方はそれぞれのサロンで独特の方法を採っていて、目立たずにしっかりと固定することができるようになっています。施術時間もスピーディーですので、すぐに増毛できるというのが、この植毛という方法の特徴と言えるでしょう。

     

    ニワトリ

    一般的に普及している方法は、地毛に人工毛を結びつけるというものってことだね!このやり方で、地毛の根元に結びつけるわけだから、髪の毛の量は単純に2倍以上になるよね!この植毛の場合、スピーディーにできるっていう利点があるんだ!

    ぴよぴよ(以前よりも丈夫になってきたっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 植毛にはいくつかのやり方があるが、一般的に普及している方法は、地毛に人工毛を結びつけるというもの。
  • 地毛の根元のところに2本から4本の人工毛を結ぶので、髪の毛が2倍から4倍になる。
  • この植毛の場合、スピーディーにできる利点がある。
  •  

     

    植毛という選択肢のメリット

     

    増毛をするにあたって、植毛という方法を選ぶ人も多くいます。その理由としては、気軽にすぐ増毛ができるからです。専門のサロンに行ってコンサルティングを受けてすぐに施術することができます。数時間でかなりの部分の植毛ができますので、あっという間にボリュームアップができます。

     

    忙しくてあまり時間がないという人でも、こまめにサロンに通うことで自然に増毛できるというメリットがあります。

     

    薄毛

     

    地毛に人工毛を結ぶことになりますが、結び目はとても細かいですし根元にできますので目立つこともありません。髪の毛をかきわけてじっくりと観察すれば、なんとなく結び目が見えますが、普段そんなことをする人はいませんので、気づかれることはほぼないでしょう。

     

    自分でも髪の毛をかきあげる時などに、なんとなく指に当たる感じがある程度で違和感を覚えることもないでしょう。こうした自然な状態で増毛ができるというのも植毛のメリットと言えるでしょう。

     

    また、人工毛を作る技術も進んでいますので、地毛とほとんど見分けがつかないというのも特徴です。光沢があり色も地毛に完全に合わせますので、地毛との区別がつきません。さらに、人工毛に細かい切れ目を入れることで髪の毛の自然な流れやキューティクル感を出すという技術も進んでいて、健康的な髪の毛を手に入れることができます。

     

    薄毛

     

    そして、植毛の場合は、頭皮に化学薬品をつけたり、何らかの薬を飲むこともないので、安全に増毛できるというメリットがあります。育毛剤を使うと頭皮が炎症を起こしたりすることもありますし、増毛のための薬を飲んで副作用が出たりすることもあります。こうした身体的なリスクを持つことなく安心して増毛できるというのが、この植毛という方法の大きなメリットと言えるでしょう。

     

    ニワトリ

    つまり、植毛のメリットは『安全性』だね!薬の服用と違って副作用もないし、自分でも見間違うくらいの自然な髪が作れるっていうことだから、昔の人からすればうらやましい限りじゃないかな!技術は進歩し続けているよ!

    ぴよぴよ(この先更に成長しそうっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 専門のサロンに行けば、数時間でかなりの部分の植毛ができる。
  • 植毛は、髪の毛をかきわけてじっくりと観察すればなんとなく結び目が見えるが、普段そんなことをする人はいない。
  • 人工毛を作る技術は進んでいる。
  • 植毛の場合は、頭皮に化学薬品をつけたり、何らかの薬を飲むこともないので、安全に増毛できるというメリットがある。
  •  

     

    植毛をすることによって生じる結び目、結び方のデメリットとは?

     

    植毛にはたくさんのメリットがありますが、同時にデメリットもありますので、お互いを比べてみて検討することが必要です。

     

    薄毛

     

    植毛の最大のデメリットと言えるのは、定期的にメンテナンスをしなければいけないという点でしょう。植毛は地毛に人工毛を結ぶというやり方でなされます。そのため、しっかりとした結び方で固定されているとはいえ、何らかの衝撃や引っ張りによって結び目が移動してしまうという欠点があります。

     

    根元から上に結び目が移動してしまうと、明らかに不自然な見た目になってしまいますので、こうしたアクシデントがあると植毛をしているということがバレる可能性があります。

     

    薄毛

     

    また、地毛にしっかりと固定されているので、地毛が伸びれば当然結び目が地毛の成長に合わせて上に来てしまうというデメリットもあります。そのたびにサロンに行って結び目を下に移動してもらう必要があります。こうしたことから、植毛では少なくとも2か月から3カ月に一回はサロンに行ってメンテナンスをしてもらう必要が生じるのです。

     

    薄毛

     

    また、植毛を行うほとんどの方法は人工毛を地毛に結ぶというものですので、地毛がないところには植毛することができません。後退してしまっている生え際など、完全に脱毛している状態の部分には増毛することができませんので、増毛効果がある程度限定的になってしまうというデメリットもあります。

     

    一部分の髪の毛のボリュームアップという意味では、気軽にできますし増毛効果も確実なのですが、完全に脱毛しているところに関しては育毛剤に頼るなど、他の方法を選ばざるを得ないでしょう。

     

    植毛の概要

    メリット 自然な髪が作れる、2倍~4倍くらいの増毛なら簡単、副作用などがなく安全性が高い、気軽に出来る
    デメリット 定期的なメンテナンスが必要、植毛できる部分に限界がある

     

    ニワトリ

    植毛は、一部分の髪の毛のボリュームアップという意味ではいいけど、やっぱり完全に脱毛が進んでしまっている部分には増毛させることができないんだね!それから、定期的なメンテナンスが必要になるよ!

    ぴよぴよ(でもまあ、入れ歯だってメンテナンスは必要っすもんね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 植毛の最大のデメリットと言えるのは、定期的にメンテナンスをしなければいけないという点。
  • 地毛にしっかりと固定されているので、地毛が伸びれば当然結び目が地毛の成長に合わせて上に来てしまうこともデメリット。
  • こうしたことから、植毛では少なくとも2か月から3カ月に一回はサロンに行ってメンテナンスをしてもらう必要が生じる。
  • 植毛を行うほとんどの方法は人工毛を地毛に結ぶというものなので、地毛がないところには植毛することができない。
  •  

     

    いろいろな植毛方法を調べてみる

     

    このように、メリットもデメリットもある植毛ですので、自分のケースに合っているかどうかを考えて検討するようにしましょう。また、植毛と一口に言っても、会社によって異なる方法がとられていますので、それぞれの特徴をつかむことが重要です。

     

    たとえば、地毛一本当たり何本の人工毛を植毛するかについては、一般的には2本から4本の植毛が多く見られます。2本だとボリュームアップという面では効果に劣りますが、より自然な感じに仕上がることや髪の毛のスタイルが作りやすいなどのメリットがあります。一方で4本を植毛するやり方だと、多少不自然さが感じられることがあります。

     

    また、地毛が植毛した髪の毛の重みで垂れてしまい、スタイリングが若干しにくくなるという欠点もあります。しかし、一気にボリュームアップができますので、増毛としての効果が高いと言えるでしょう。結び目の仕上がりや大きさも違ってきますので、一度写真などで仕上がりの状態を見せてもらうと良いでしょう。

     

    ニワトリ

    植毛2本の場合はいいけど、4本の場合は、ちょっと不自然になっちゃうってことだね!だから実際には、無難な選択肢を取ると『2倍』くらいにしかならないから、薄毛の度合いによっては、『2倍くらいじゃほぼ意味ないよ』っていうこともあるだろうね!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

    また、植毛方法としては地毛に人工毛を結ぶというのが一般的ですが、中には毛根などに直接植え込むタイプの植毛もあります。この方法だと、頭皮に直接植毛されますので、かなり自然に仕上がりますし、地毛の成長に左右されませんので定期的なメンテナンスをそれほど必要としないというメリットがあります。

     

    薄毛

     

    さらに、地毛がないところにも植毛できますので、生え際が後退してしまっているところに植毛することで、しっかりとした豊かな髪型を手に入れることができます。中には、後頭部など、髪の毛がしっかりと残っているところから、脱毛している生え際などに地毛を植毛するという技術を使用しているところもあります。地毛の植毛となりますので、しっかりと頭皮に固着して安定するというメリットが生まれます。

     

    しかし、頭皮の状態などによっては、こうした方法が使えない場合があるというデメリットがあります。また、どうしても一般的な植毛よりもコストと時間がかかってしまうという欠点もあります。時間をかけて自然に増毛していきたいという人には良いでしょう。

     

    このように、植毛という方法にはいろいろなメリットとデメリットがあります。また、植毛の技術も様々で、会社によって独自の技術を持っています。費用もかかる時間、効果などがだいぶ異なりますので、まずはいろいろな会社の方法をチェックしてみて、自分の望む増毛方法と効果に合っているかをじっくりと考えると良いでしょう。

     

    また、施術した直後の効果だけでなく、どのくらいその効果が続くのかということを考えるのも大事なことと言えるでしょう。

     

    薄毛

     

    他の増毛方法とも比較してみながら、植毛のメリットを生かした増毛をしてみるのも良いでしょう。慌てて施術を始めるのではなく、情報収集をしっかりした後、実際にサロンに行って診断を受けて、そこでプロの意見を聞きながら、自分の中で完全に納得してから植毛を行うようにしましょう。

     

    ニワトリ

    毛根に直接植え込むタイプもあるんだね!自分の薄毛の進行具合によって、何が最善な選択肢かは違ってくるから、プロである専門家に意見を聞いて、最善な判断を下したいところだね!クリニックで費用も時間も違うから、いいクリニックに出合えるかどうかが大きいよね!

    ぴよぴよ(そうっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 植毛と一口に言っても、会社によって異なる方法がとられているので、それぞれの特徴をつかむことが重要。
  • 中には毛根などに直接植え込むタイプの植毛もある。
  • この方法だと頭皮に直接植毛されるので、かなり自然に仕上がるし、地毛の成長に左右されないので定期的なメンテナンスをそれほど必要としないというメリットがある。
  • さらに、地毛がないところにも植毛できる。
  • ただ、どうしても一般的な植毛よりもコストと時間がかかってしまうという欠点がある。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    薄毛対策

    植毛の手入れ方法!人工毛のメンテナンスの仕方や植毛の問題点

     

    薄毛対策

    植毛費用は女性と男性で異なる!?維持費はどれくらいかかる?

     

    薄毛対策

    植毛後は床屋や美容院に普通に行って大丈夫?専門店に行った方がいい?

     

    薄毛対策

    増毛費用と維持費を定額で払える月額コース!そのメリットと相場は!?

     

    薄毛対策

    脱毛防止!処方される塗る育毛剤・治療薬を利用するという増毛方法

     

    薄毛対策

    植毛・増毛にかかる費用を比較!それぞれの維持のための経費とは!?

     

     

    更にテーマを絞った記事はこちら

    増毛

    増毛

    増毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    育毛

    育毛

    育毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP