薄毛対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

増毛とはカツラや植毛によって見た目を増やすこと

 

質問

増毛って結局どういう意味?

 

答え

増毛とは、カツラや植毛によって見た目を増やすことです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

増毛の定義の問題だね!増毛っていうのは基本的に、かつらや植毛によって見た目を増やすことを言うんだ!実際に生やそうとするのは『育毛』とか『発毛』っていうことになるよ!今回は増毛について、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 増毛とは、見た目を増やすこと
  •  

  • 様々なカツラ
  •  2-1:髪への作用
  •  2-2:体への作用
  •  2-3:メンタル面への作用
  •  2-4:肌への作用
  •  2-5:肌への作用
  •  

  • 様々な植毛
  •  3-1:人口毛植毛
  •  3-2:自毛植毛
  •  

    目次

     

     

    増毛とは、見た目を増やすこと

     

    増毛とは、見た目を増やすこと。単に薄毛に見えない、という意味で主にかつら業界で使われる。テレビや雑誌で男性の薄毛の悩みに訴えかける広告が多いのは、それほど多くの人が悩んでいるということであり、ということは、決定的な解決策がないということである。

     

    薄毛

     

    かつらというと、かぶる、というイメージがあるが、現在では人口毛を自分の髪の毛に結び付けるタイプなど、自然に見える工夫がされている。また、手軽なところでは、細かい繊維や粒子を自毛に付着させて、一本一本を太くするスプレー、ふりかけタイプなども増毛の一種といえる。


    また、自毛植毛の最大の欠点は、ドナーの毛髪の数に限りがあることであり。あくまでも自分の口頭部の毛髪を移植するだけで、全体の毛髪の数は変わらない。だが、この分野で最先端の研究は、この『毛を作る』工場にあたる部分を培養で増やすという、バイオテクノロジーの世界に入ってきている。一つの毛包からいくつもコピーをつくることができれば、植毛の材料は無限になる。

     

    ニワトリ

    増毛っていうのは、一般的にはカツラ業界で使われる言葉なんだね!カツラをかぶったり、スプレーをしたりして薄毛を目立たなくしたりすることも、増毛の一種っていうことになるね!また、植毛の材料がいつか無限になったら、増毛の可能性は格段と大きくなるね!

    ぴよぴよ(どんどん進化してるっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 増毛とは、見た目を増やすこと。
  • 薄毛は多くの人が悩んでいる。
  • 薄毛対策にはまだ決定的な解決策がない。
  • かつらというと、かぶる、というイメージがあるが様々な種類がある。
  • 自毛植毛の最大の欠点は、ドナーの毛髪の数に限りがある。
  • 一つの毛包からいくつもコピーをつくることができれば、植毛の材料は無限になる。
  •  

     

    様々なカツラ

     

    カツラには様々なタイプがある。

     

    金具タイプ

    かつらを自毛にピンでとめるタイプ。昔からある、かぶるタイプで、取り外しが出来る反面、ずれる可能性も高い。金具をとめるところの自毛や頭皮がいたむことがある。

     

    結毛式タイプ

    自毛の根元に一本一本人口毛を結びつける。毛の流れや長さに合わせた自然なスタイルが可能。自毛の脱毛や伸びに合わせ、補毛は結び直しをしなければならない。

     

    編み込みタイプ

    自毛に糸でベースを編み込み、ネットに毛をつけたかつらをそのベースにかがりつける。ずれや蒸れはなく、頭皮への負担は少ないが、定期的なメンテナンスが必要。

     

    両面テープタイプ

    人口被膜やネットに毛を付けたかつらを両面テープで貼る。両面テープは医療用、かつら専用などがあるが、やはり肌に合わない場合がある。

     

    頭皮密着タイプ等

    髪を剃って、薄い人口の被膜を頭皮に貼り付ける。頭皮の蒸れや接着剤によるかぶれなどが問題。2~3週間に1度くらい作り直す必要がある。

     

    ニワトリ

    基本的にカツラっていうのは、蒸れたり、メンテナンスが必要だったりして大変みたいだね!だけどそれって、別に普通の洋服なんかでもそうだし、靴でもそうだし、よく考えてみれば当たり前のことだよね!物は大切に使うべきなんだっていうことを再認識できるね!

    ぴよぴよ(たしかに)!

     

     

    この章のまとめ
  • 様々なカツラのタイプを確認する。
  •  

     

    様々な植毛

     

    植毛は、頭皮に毛を植え込む手術。簡単にいえば頭皮に穴をあけ、そこに毛髪を植え込んでいく方法。2つの種類があり、違いは大きい。

     

    1.人口毛植毛

  • ナイロン製の人工網を一本一本頭皮に植え込むので本数に制限がない
  • 時間がたつと抜けるので、繰り返し植毛しなければならない
  • 異物反応や感性を起こすことが多い
  •  

    2.自毛植毛

  • 自分の後頭部から頭皮を採取し、これを毛包ごとに株分けして植え込む
  • 熟練した医師の技術が必要
  • 生着すれば半永久的に自分の毛が生えて来る
  • 特別なメンテナンスの必要がない
  •  

    1は、異物反応や汗腺のトラブルが多発したため、アメリカの多くの州では禁止されている。

     

    ニワトリ

    まだまだ技術は発展途上だね!今後技術が進歩するにつれ、どんどん新しい可能性が出て来る気配があるね!

    ぴよぴよ(進化する前の人はどうしたらいいっすか)?

    今あるもので対応する!それで出来なければ、『発想の転換』をする!これが極めて重要だね!『ハゲをむしろ前面に押し出す』みたいな!そういう人いるでしょ?彼らは『成功者』だと思った方がいいね!

    ぴよぴよ(逆転の発想に成功した人ってことっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 二つの植毛タイプを確認する。
  •  

     

     

    関連記事

    薄毛対策

    リアップなら増毛・育毛できる?人気の育毛剤の効果とは

     

    薄毛対策

    育毛シャンプーは男性と女性で違う?特徴を確認して適切な増毛を

     

    薄毛対策

    育毛剤を使って増毛!でも副作用が心配…

     

    薄毛対策

    増毛・育毛が期待できるのはシャンプー?それともサプリ?

     

    薄毛対策

    増毛中に髪の毛を伸ばすメリットとデメリット

     

    薄毛対策

    増毛中に短髪にするメリット-男性編、女性編

     

     

    更にテーマを絞った記事はこちら

    増毛

    増毛

    増毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    育毛

    育毛

    育毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP