薄毛対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

フィナステリド(製品名プロペシア)の効果や副作用とは

 

質問

プロペシアの効果や副作用って?

 

答え

プロペシアは、米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では『ミノキシジル』と共に強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている薬です。

 

副作用に関しては色々挙げられますが、特に女性の使用は厳禁となっているので厳重注意が必要です。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

簡単に説明すると、プロペシアはかなり優れた薄毛治療薬だけど、完全な毛生え薬っていうわけではないし、女性の使用は絶対に禁止されてるよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 薄毛を改善する薬として認められた唯一の薬
  • 脱毛の原因となる酵素の働きを阻害
  • 生活習慣病の改善にも役立つ
  • IGF-1の減少を抑制する
  • 効果や副作用
  • 効果がある部位と効果がない部位がある
  • 参考価格や使用上の注意
  • 厳重注意事項とアドバイス
  • 改善効果がうたわれている成分とその医薬品
  •  

    目次

     

     

    薄毛を改善する薬として認められた唯一の薬

     

    フィナステリド(製品名プロペシア)は、2005年に承認された、医師が処方される服用タイプの男性型脱毛症薬だ。プロペシアは、フィナステリドという成分が1錠中に1㎎含まれている。

     

    薄毛

     

    効果がある場合は服用して4か月目くらいから症状が改善しはじめ、6~12か月後に明らかになる。日本で承認される以前に欧米では1998年から発売されていた。

     

    日本でもフィナステリドに発毛作用があることを製薬会社が証明し、それが正式に国に認められたのだ。フィナステリドは現在、世界の60か国以上で承認されており、日本では『萬有製薬』が作っている。

     

    米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では『ミノキシジル』と共に強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている。

     

    ニワトリ

    FDAという厳しいチェックで有名な政府機関が、『薄毛を改善する唯一の薬』として、その有効性を認めているんだね!この『FDAのお墨付き』っていうのは大きいね!でも、だからといってお墨付きの商品が全て万能ってわけじゃないから過信しないようにね!

    ぴよぴよ(人間だから何かしらの不備はあるっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • フィナステリド(製品名プロペシア)は、2005年に承認された、医師が処方される服用タイプの男性型脱毛症薬。
  • フィナステリドは、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている。
  •  

     

    脱毛の原因となる酵素の働きを阻害

     

    脱毛の原因としては、毛根の毛乳頭細胞に、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)という物質が作用することが挙げられる。人間の毛髪は約10万本あり、健康な人でもそのうち約50~100本が毎日自然に抜け落ちるといわれているが、AGA(男性型脱毛症)になると、DHTのはたらきにより脱毛シグナルが出され、毛髪が成長する前に次々と抜けてしまう。

     

    薄毛

     

    薄毛と体内の毒素の関係性は?排泄(デトックス)の重要性』にも書いた様に、DHTは精巣から分泌されるテストステロンが、5α-リダクターゼという酵素によって変化した化学物質だが、男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリド(商品名プロペシア)は、この酵素の働きを阻害してDHTを減らし、男性型脱毛症の進行を抑制する。

     

    薄毛

     

    ミノキシジルが血管拡張剤として開発されていた中で、『体毛が濃くなるという副作用』が現われて、それで方向転換をしたわけだが、このフィナステリドも、元々は前立腺肥大症の治療薬だった。だが、ミノキシジルと同じように『体毛が濃くなるという副作用』が現われて、それで方向転換をしたわけだ。

     

    薄毛

     

    ニワトリ

    フィナステリドも、元々は前立腺肥大症の治療薬だったんだけど、同じく薄毛治療に有効な薬『ミノキシジル』の時と同じように、『体毛が濃くなるという副作用』が現われて、薄毛治療を目的としていたわけじゃないのに、毛が生える薬が出来てしまったわけだね!

    ぴよぴよ(偶然の産物っすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • フィナステリドは、脱毛の原因となる酵素の働きを阻害してDHTを減らし、男性型脱毛症の進行を抑制する。
  • フィナステリドは元々違う効果を狙った薬で、『体毛が濃くなるという副作用』が現われて、それで方向転換をした。
  •  

     

    生活習慣病の改善にも役立つ

     

    男性型脱毛症が、生活習慣病や前立腺の病気の発症のリスクファクターでもあるので、プロペシアの投与は、薄毛の改善のみならず、生活習慣病の改善につながる可能性もある。実際に、30歳以前に発症した男性型脱毛症の患者にプロペシアを1年間投与すると、これらの患者の糖代謝やインスリン抵抗性が改善したと報告されている。

     

    35歳未満の早期に起こってくる男性型脱毛症は、インスリンの働きが低下するインスリン抵抗性の発症の指標になることも報告されていて、インスリン抵抗性を持つ人は、時間の経過とともに、

     

  • 肥満
  • 高脂血症
  • 高血圧
  •  

    などの生活習慣病を合併してくるわけで、インスリン抵抗性が改善されるということは、男性型脱毛症の治療は健康維持にとって大きなポイントとなるのだ。

     

    薄毛

     

    関連リンク:

    薄毛対策となるIGF-Ⅰを増加させる食事や栄養素

     

    ニワトリ

    インスリン抵抗性が改善されると、肥満や高脂血症なんかの生活習慣病の予防にもつながるわけだ!だからプロペシアを使用することで、薄毛以外の部分にもいい影響を与えることが考えられるよ!

    ぴよぴよ(一石二鳥っす)!

     

     

    この章のまとめ
  • プロペシアの投与は、薄毛の改善のみならず、生活習慣病の改善につながる可能性もある。
  •  

     

    IGF-1の減少を抑制する

     

    プロペシアは、5α-リダクターゼの働きを阻害するので、IGF-Ⅰの減少を抑制して、IGF-Ⅰが正常に作られるようにする。1年間のプロペシアの投与で、AGAの58%に薄毛の進行を抑制して髪を増やす効果が認められているというデータもある。(しかし、下部に記載する内容と比較すると矛盾するデータである。)

     

    薄毛

     

    このデータでは、139人の人にAGA患者にプロペシアを1年間服用してもらい、そのうち58%に育毛効果があった、というもの。また、22人のAGAの人たちにプロペシアを、

     

  • カプサイシン
  • イソフラボン
  •  

    と共に6カ月間服用してもらうと、その90.0%に育毛効果が認められ、そのうちの54.5%には一見してわかるぐらいの育毛効果が認められたという。カプサイシンとイソフラボンだけでも効果があるらしいが、その効果が5カ月で得られるのに対し、そこにプロペシアを併用することで、2ヵ月で同じ効果が得られたという。

     

    ※参考『薄毛の食卓』(マガジンハウス)

     

     

    ニワトリ

    このIGF-Ⅰっていうのは非常に重要でね!詳しくはリンク先の記事を見てもらいたいけど、プロペシアにはこのIGF-Ⅰの減少を抑制する作用があるっていうんだから、これはいいよね!

    ぴよぴよ(一石三鳥っす)!

     

     

    この章のまとめ
  • プロペシアは、5α-リダクターゼの働きを阻害するので、IGF-Ⅰの減少を抑制して、IGF-Ⅰが正常に作られるようにする。
  •  

     

    効果や副作用

     

    副作用については、臨床試験の母数779症例のうち、以下の内容だった。

     

    プロペシアの副作用
  • 性欲減退=15例(1.9%)
  • 射精障害・勃起機能不全(ED)=各11例(1.4%)
  •  

    興味深いのは、この臨床試験では『偽薬』、つまりプラシーボ効果(薬を飲んでいないのに、飲んだと思い込んだ人が得る効果)でも性欲減退(10例、1.3%)などの副作用が起きていることだ。『薬を飲む』という心理が何らかの影響を及ぼしていると考えられるのである。

     

    また、東京メモリアルクリニック院長の佐藤明男医師によると、約11年間、約3200症例のうち、性機能への影響を理由に服用を止めたのは3~4人。

    『理論的にはDHTが減れば性欲はむしろ増進するはず。』

     

    と佐藤医師は語っている。※参照『オトコの病気新常識』(講談社)

     

     

    その他副作用としては、男性ホルモンを抑制する薬のため、やはりどうしても、

     

    その他副作用
  • ED
  • 胃部不快感
  • 腹痛
  • 肝機能障害
  •  

    などの副作用が報告されている。しかし、そうは言ってもこれら副作用が発生する頻度は低く、万が一出た場合でも服用をやめれば元に戻るという。

     

    ニワトリ

    どんな薬にも副作用はあるよ!例えば著者も最近風邪薬を飲んだんだけど、翌日無駄に『鬱気味』になってしまったんだ!また、頭痛薬を連日飲んだときも、身体に湿疹のようなものが出来たよ!そういう時は体のサインだから、服用をやめるのが一番だね!

    ぴよぴよ(副作用には要注意っす)!

     

    ED

    ED

    ED治療のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

    この章のまとめ
  • 男性ホルモンを抑制する薬のためある程度の副作用はあるが、万が一出た場合でも服用をやめれば元に戻る。
  • 性欲が減退するか増進するかは意見が分かれる。
  •  

     

    効果がある部位と効果がない部位がある

     

    また、3年間使用したときの改善率は、

     

  • 頭頂部=78%
  • 薄毛

     

  • 前頭部=72%
  • 薄毛

     

    という報告があるが、このうち『著明な改善』は、

     

  • 頭頂部=6.1%
  • 前頭部=2.0%
  •  

    とわずかで、製薬会社も効能・効果としては『男性型脱毛症の進行遅延』のみをうたっている。※参照『薄毛の悩み解決最前線』(講談社)

     

    また、効果は年齢や薄毛の部位によって異なり、

     

  • 年配者よりも20~40代の若い人
  • 薄毛が始まって間もない人
  •  

    の方がよく効くとされている。また、産毛にまで進行してしまった薄毛の場合があまり効果がなく、部位では頭頂部には比較的よく効くが、生え際や額の両側の後退にはあまり育毛効果がないという。

     

    薄毛

     

    ニワトリ

    『男性型脱毛症の進行遅延』のみをうたっているわけで、『進行を遅らせる』っていうことだけだから、『完全に薄毛が改善される』っていうわけじゃないんだよね!だから効く部位があったりなかったり、また、薄毛が完全に広がってしまっている人なんかには効果が薄いってことだね!

    ぴよぴよ(まだ完全な毛生え薬はないっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • プロペシアで狙える効果は、あくまでも『男性型脱毛症の進行遅延』である。
  • 年配者よりも20~40代の若い人、薄毛が始まって間もない人の方がよく効く。
  •  

     

    参考価格や使用上の注意

     

    プロペシアの費用は参考価格で、以下となっています。

     

    プロペシアの費用
  • 1日1錠(1㎎)=250円
  • 1ヵ月(30日)=7,500円
  • 1年(365日)=10万円程度
  •  

    飲むのをやめると頭髪は元に戻ってしまうので一生飲まなければならないが、効果が出た後は低用量でいい可能性もあり、それが実現すれば、より安価での継続が可能になる。だが、1年間服用しても効果がない場合は、続けてもそれ以上の効果はほとんどない。プロペシアの説明書には、

    『6カ月投与しても脱毛症の進行遅延がみられない場合は、投薬を中止してください』

     

    とある。

     

    薄毛

     

    プロペシアの費用

    1日1錠 250円
    1ヵ月(30日) 7,500円
    1年(365日 10万円程度

     

    ニワトリ

    飲むのをやめると頭髪は元に戻ってしまうので一生飲まなければならないっていうのはちょっと手間がかかるよね!それに、料金も決して安いわけじゃないし。

    ぴよぴよ(たしかに)!

    だけどまあ、いつかもっと技術が進歩して改善されることを楽観視したいところだね!今現在も研究者たちが研究を積み重ねてくれているから!

    ぴよぴよ(頼むっす研究者たち)!

     

     

    この章のまとめ
  • プロペシアの費用を確認する。
  • 飲むのをやめると頭髪は元に戻ってしまうので一生飲まなければならない。
  • 効果が出た後は低用量でいい。
  • 1年間服用しても効果がない場合は、続けてもそれ以上の効果はほとんどない。
  • 6カ月投与しても脱毛症の進行遅延がみられない場合は、投薬を中止する。
  •  

     

    厳重注意事項とアドバイス

     

    さらに、女性および20歳未満には有効性がない。むしろ、男性ホルモンに直接作用するという薬の性格上、女性や子供への使用は禁止されているのだ。特に妊娠中の女性が服用し、胎児が男の子だった場合は性器が奇形になるおそれがあるため、妊婦や妊娠の可能性がある女性は厳禁だ。

     

    薄毛

     

    また、『フィンペシア』というプロペシアのジェネリック薬品には、つい最近まで発がん性のあるキノリンイエローというコーティングが使用されていた。新しいものでは排除されたようだが、古いものを使う場合は注意が必要だ。フィナステリドを服用する為には医師の処方箋が必要。必ず専門の医師の指示に従い、用法・用量を守って適切な服用をすること。

     

    薄毛

     

    また、東京メモリアルクリニック院長の佐藤明男医師は、『オトコの病気新常識』(講談社)でこう言っている。

    『プロペシアの効果が現われない部分にロゲインやリアップを併用するといい。』

     

    詳しくは『ミノキシジル(製品名ロゲイン・リアップ)の効果や副作用とは』を参考にしたい。

     

     

    ニワトリ

    発がん性や、女性の服用の禁止等、絶対に見落としてはならない副作用があるね!だから薬を使うときは必ず医師に相談をして、確実な治療をしていこう!それが長期間に及ぶのであればなおのことそうだよね!

    ぴよぴよ(用法容量をよく守るっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 女性および20歳未満には有効性がない。むしろ、女性や子供への使用は禁止されている。
  • 特に妊娠中の女性の服用は厳禁。
  •  

     

    改善効果がうたわれている成分

     

    また、以下に『改善効果がうたわれている成分とその効果』を記載する。※出典『毛の悩みに応える皮膚科診察ー毛髪最前線ー』

     

     

    医薬品

     

    脱毛の進行予防発毛促進

  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • 塩化カルプロニウム
  • セファランチン
  •  

     

    医薬部外品

     

    血行促進作用

  • 塩化カルプロニウム(医薬品も)
  • チンキ(トウガララシチンキ、ショウチョウエキス、センブリエキス他)
  • ニコチン酸ベンジルエステル
  • ビタミンE誘導体(トコフェロール)
  •  

    栄養補給・細胞賦活作用

  • ペンタデカン酸グリセリド
  • ソフォラ抽出エキス
  • ニンジンエキス
  • ニコチン酸アミド
  • プラセンタエキス
  • パントテニルエチルエーテル(ビタミンB群)
  • ジアルキルモノアミン誘導体(DADA)
  •  

    抗炎症・抗菌作用

  • ヒノキチオール
  • βグリチルレチン酸
  •  

    毛母細胞、毛乳頭への作用

  • 6-ベンジルアデニン(サイトプリン)
  • t-フラバノン
  • アデノシン
  •  

    その他

  • セファランチン(医薬品も)
  • ボタンピエキス
  •  

     

    ちなみに、医薬品・医薬部外品でもある『セファランチン』は、IGF-Ⅰを増やす可能性があるといわれている。この薬では単独では強い育毛効果を発揮しないが、プロペシア同様、

     

  • カプサイシン
  • イソフラボン
  •  

    と併用すると効果が上がると言われている。

     

    関連リンク:

    薄毛対策となるIGF-Ⅰを増加させる食事や栄養素

     

    ニワトリ

    このIGF-1っていうのも併せてチェックしてみてね!かなり重要なポイントであるということがわかるよ!薬を使用するときは慎重にね!

    ぴよぴよ(厳重注意っす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 改善効果がうたわれている成分とその効果を確認する。
  • IGF-1について確認する。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    薄毛対策

    ミノキシジル(製品名ロゲイン・リアップ)の効果や副作用とは

     

    薄毛対策

    薄毛になってしまう原因は?治療にはどのくらいの費用がかかる?

     

     

    更にテーマを絞った記事はこちら

    増毛

    増毛

    増毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    育毛

    育毛

    育毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP