薄毛対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >  >

 

帽子をかぶると薄毛になるって本当?帽子はかぶらない方がいいの?

 

質問

帽子をかぶると薄毛になるって本当?帽子はかぶらない方がいいの?

 

答え

帽子をかぶらないと、むしろ、紫外線によって髪の毛のたんぱく質、アミノ酸の結合が変化し、髪の毛のツヤのもとであるキューティクルがはがれやすくなり、髪の毛から水分が奪われて乾燥による脱毛を引き起こします。したがって、帽子はかぶったほうがいいです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

帽子をかぶると、『髪の毛をいじめてる』っていう気がするよね!くせっ毛の人とかは特にそう思うんじゃないかな!帽子を取ったときに、髪の毛がガシガシになってるからね!そのあたりについて、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

帽子をかぶると薄毛になる

 

帽子をかぶらないと、むしろ、紫外線によって髪の毛のたんぱく質、アミノ酸の結合が変化し、髪の毛のツヤのもとであるキューティクルがはがれやすくなり、髪の毛から水分が奪われて乾燥による脱毛を引き起こす。したがって、帽子はかぶったほうがいいのである。

 

その際、以下の点に注意するのが有効的である。

 

帽子をかぶる際の注意点
  • UVカットされたものを選ぶ
  • 黒や色の濃いものものを選ぶ(白は紫外線を通す)
  • 通気性のよいものものを選ぶ
  • かぶりっぱなしにしない
  •  

     

    薄毛

     

    ニキビの原因の一つは活性酸素や紫外線』にも書いた様に、太陽の光には、

     

    紫外線の種類
  • UVA
  • UVB
  • UVC
  •  

    と呼ばれる紫外線が含まれているが、そのうちオゾン層を通過し、人間に届くのはUVAとUVBだ。UVAは地表に届く量がもっとも多く、皮膚の奥まで届く。雲や窓ガラスも通るので、曇りの日でも室内や電車の中でも髪の毛や皮膚にダメージを与える。

     

    UVBはUVAよりも波長が短く、皮膚の表面にとどまって強く作用する。どちらも日焼けの原因となるが、UVBをたくさん浴びる方が頭皮に炎症を起こしやすい。

     

    ニワトリ

    帽子をかぶらず、紫外線を直に浴びちゃうと、髪の毛にもダメージを与えてしまうんだね!そのダメージによって結果的に抜け毛が発生してしまう。だからなるべく髪の毛を『害』から遠ざけたいんだけど、帽子よりも紫外線の方が『害』が大きいっていうことになるね!

    ぴよぴよ(ふむふむ)!

     

    ただし、2016年6月10日のニュースにこういう記事があった。(以下抜粋)

     

    -----------------

     

    毎日新聞 6月5日(日)10時0分配信

    頭皮・毛髪や医用工学の専門家が集った「帽子内環境研究会」。早速、ヘルメットをかぶったまま肉体労働をした想定での簡易実験を実施し、頭皮・毛髪がさらされる過酷な環境を示す計測データを公表した。【吉永磨美】研究会によると、国内で「1週間に何らかの理由で帽子を2時間以上かぶる人」は、推計のべ2000万人に上るという。

     

    最多が工場作業員(約740万人)、土木・建築作業員(約400万人)と続く。長時間帽子を着用すると「頭が蒸れる」という感覚は、多くの人が実感しているが、実際に頭皮・毛髪にどの程度の影響があるのかという科学的な検証は、これまでほとんど行われていなかった。

     

    (中略)

     

    運動前、運動後、そして運動後に洗髪した後の計3回、頭皮の血流と汚れ具合、付着している細菌の量をそれぞれ測定した。

     

    ◇熊谷市の真夏に匹敵 帽子内の高温多湿

     

    結果、実験当日の都内の気温が最高19~23度だったのに対し、ヘルメット内部は運動開始後30分程度で約30度に達した。湿度も外気は平均31~96%(気象庁観測値)と幅があったにもかかわらず、約80%~100%で一定していた。また頭皮は運動前の状態でも、食品工場や厨房(ちゅうぼう)などで行われる手指の汚れチェックで不合格となる基準よりも汚れていることが判明。

     

    それが運動によってさらに悪化する傾向にあることが分かった。また細菌検査では、ニキビの原因となるアクネ菌や呼吸器感染症を起こす肺炎桿菌(かんきん)など13種を確認。これも運動によって量は増える傾向にあった。汚れ、細菌とも洗髪によって大幅に減少することも確かめた。

     

    小西准教授は、ヘルメット内の温度・湿度は熱帯のシンガポールやマレーシア・クアラルンプールの年平均、国内で猛暑で話題を呼ぶ埼玉県熊谷市の8月の平均とほぼ等しいことを指摘。不快指数で換算すると「ほぼ全員が不快と感じる」80台に相当し、「運動中、ヘルメットや帽子の中は明らかに不快環境にある」と分析した。

     

    ◇不快環境で頭皮の炎症悪化のリスクも

     

    実験結果を公表したセミナーで特別講演を行った齊藤典充・横浜労災病院皮膚科部長は、脱毛症を起こした柔道部員の女子高校生の症例を紹介し、「ニキビの原因菌が繁殖し、頭皮が炎症を起こして髪の毛が抜けていた。このように炎症がある患者さんが帽子をかぶり、(高温多湿の)不快環境にさらされるとさらに悪影響が出るだろう」と指摘した。

     

    研究代表の佐藤院長は、「今回は帽子、ヘルメットと脱毛の関係を明確には突き止めていないが、実験で明らかになった過酷な帽子内環境が頭皮や毛髪に悪影響を及ぼす可能性は十分考えられる」と話し、「今夏は猛暑が予想されており、時折、帽子を脱ぐこと、適度に洗髪をすることが大切だろう」と結論づけた。

     

    -----------------

     

    ここで出てきている『過酷な帽子内環境』というキーワードに注意しながら、頭皮のケアを最適化していく必要がある。

     

    薄毛

     

     

     

    ニワトリ

    帽子は原則かぶった方がいいかもしれないけど、この記事にあるように『過酷な帽子内環境』を強いると、髪の毛にとっては悪い影響を与えてしまうことになってしまいそうだね!「運動中、ヘルメットや帽子の中は明らかに不快環境にある」っていうのに注目したいね!

    ぴよぴよ(帽子も様子を見て使うんすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 帽子をかぶらないと、紫外線によって髪の毛から水分が奪われて乾燥による脱毛を引き起こす。
  • したがって、帽子はかぶったほうがいい。
  • 帽子をかぶる際の注意点をチェックする。
  • UVAとUVBに注意する。
  • 『過酷な帽子内環境』にならないよう注意する。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    薄毛対策

    薄毛対策の基本中の基本は『食事、睡眠、運動』

     

    薄毛対策

    薄毛対策となる食事とは?有効な栄養素やサプリメント

     

    薄毛対策

    薄毛対策となるIGF-Ⅰを増加させる食事や栄養素

     

    薄毛対策

    抜けやすい髪質とは?抜けたらどんな抜け毛対策をすべき?

     

     

    更にテーマを絞った記事はこちら

    増毛

    増毛

    増毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    育毛

    育毛

    育毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP