薄毛対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

活性酸素と薄毛の密接な関係性。酸化が引き起こす弊害

 

質問

体内に活性酸素が溜まると薄毛になるの?

 

答え

老化とは、この活性酸素の攻撃によって組織や細胞が変質したり弱ったりする現象を言います。活性酸素は薄毛にも影響を及ぼすと考えられています。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

人間が疲労したりストレスを溜めたりすると溜まっちゃう活性酸素って、実はそのままケアをしないでいると、薄毛にも影響を及ぼしかねないんだ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 活性酸素が薄毛を引き起こす?
  • ビタミンは単体で摂っても意味がない?
  •  

    目次

     

    活性酸素が薄毛を引き起こす?

     

  • EDと活性酸素の密接な関係性。酸化が引き起こす弊害
  • ニキビの原因の一つは活性酸素や紫外線
  •  

    にも書いた様に、活性酸素とは、酸化だ。人間の体内で発生する活性酸素は毒性が強く、あらゆるところを酸化させ、鉄がさびてボロボロになるのと同じように、人間の『鮮度』を落とす。老化とは、この活性酸素の攻撃によって組織や細胞が変質したり弱ったりする現象をいうのだ。そしてこの『酸化』が、ニキビED、そして薄毛の原因ともなるのだ。

     

    ニキビ

    ニキビ

    ニキビのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ED

    ED

    ED治療のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    活性酸素に対する詳細は記事を確認したもらいたいが、ざっと説明するとその原因は、以下のようになる。

     

    活性酸素の原因
  • 水質汚染
  • 大気汚染
  • 農薬・殺虫剤などの化学物質
  • 電磁波を発生する電化製品
  • 経済不安
  • 健康不安
  • 人間関係のストレス
  • 過度な運動
  • 食事
  •  

    薄毛

     

    活性酸素を除去し、健全な状態にすることで、薄毛をはじめとする様々な問題を予防することができる。体内で活性酸素をやっつける抗酸化ビタミンは、以下のものだ。

     

    抗酸化ビタミン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロチン(ビタミンA)
  •  

    ワキガを抑える為の食事のポイント。ビタミンA・C・E』にも書いたが、これらのビタミンを摂ることは、活性酸素の除去にも役立つし、前述したように、実に様々な問題を予防することになる。

     

    ニワトリ

    活性酸素が溜まってしまうと、身体に様々な弊害を引き起こすよ!大気汚染やストレス等によって自分の身をリスクに晒さないように、日ごろから注意が必要だね!また、『ビタミンACE(エース)』と呼ばれる栄養素を摂りいれることで体内の活性酸素の除去を促進させることができるよ!

    ぴよぴよ(活性酸素は、基本的に除去したいんすね)!

     

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

    この章のまとめ
  • 酸化が、ニキビやED、そして薄毛の原因となる。
  • 活性酸素の原因を確認する。
  • ビタミンA・C・Eが活性酸素の除去に役立つ。
  •  

     

    ビタミンは単体で摂っても意味がない?

     

    注意点としては、ビタミンCは、ビタミンEの力を助ける働きがあり、ビタミンCは、これ単体だけ摂取しても効果が発揮されない。従って、これらをバランスよく摂取することを忘れてはならない。

     

    薄毛

     

    βカロチンというのは緑黄色野菜に多く含まれる色素で、食べると体内でビタミンAに変わる。ビタミンAは健康なな皮膚は毛髪には欠かせないビタミンだが、脂溶性なので摂りすぎると排泄しきれず過剰症になり、頭皮の異常などを起こす。しかし、食事で通常摂取している程度では何も問題はない。何事も過剰であったり、バランスが悪ければ問題となるわけだ。

     

    薄毛

     

    また、酸化反応は人にとって老化や発がんの原因になる。そこで、『薄毛対策となるIGF-Ⅰを増加させる食事や栄養素』にも書いた様に、IGF-Ⅰの増幅に注目したい。IGF-Ⅰには抗酸化作用を持った酵素を増やす働きがあり、オゾンのような酸化力の強い成分が人に作用して、知覚神経を刺激すると、IGF-Ⅰが増え、それによって酸化反応が抑えられるという生体防御反応が起こることになる。

     

    ニワトリ

    ビタミンっていうのは基本的に、それを単体で摂ってもあまり効果がないんだ!だから、様々なビタミンと一緒に摂取することを心掛けよう!だから、サプリメントなんかで考えれば、『マルチビタミン』を摂ればいいってことになるね!

    ぴよぴよ(そうだったんすね)!

    活性酸素があると薄毛にも影響してくるから、なるべく自分の身体を有害物質から遠ざける生活を心がけよう!

    ぴよぴよ(イエッサー)!

     

     

    この章のまとめ
  • ビタミンCは、これ単体だけ摂取しても効果が発揮されない。
  • IGF-Ⅰには抗酸化作用を持った酵素を増やす働きがある。
  • ビタミンAは脂溶性なので摂りすぎると排泄しきれず過剰症になり、頭皮の異常などを起こす。
  • サプリメントは『マルチビタミン』を摂ればいい。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    薄毛対策

    男性型脱毛症(AGA)と後頭部と側頭部の関係

     

    薄毛対策

    薄毛にどう関係している?毛髪に負担をかける髪の毛の主な役割

     

    薄毛対策

    薄毛と体内の毒素の関係性は?排泄(デトックス)の重要性

     

    薄毛対策

    生え際の後退、前髪が少なくなり前頭部が脱毛するタイプの原因と対処法

     

    薄毛対策

    年代別-どれくらいの本数の抜け毛があるのか

     

     

    更にテーマを絞った記事はこちら

    増毛

    増毛

    増毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    育毛

    育毛

    育毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP