薄毛対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

医療機関で相談できるようになったAGA。外科的治療と内科的治療

 

質問

AGAはお医者さんに治療してもらえるの?

 

答え

『男性型脱毛症=AGA』に効くとされる内服薬が、2005年に厚生労働省の薬事承認を受け、正式に医師が処方できるようなりました。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

AGAっていうのは『男性型脱毛症』のことだけど、つまり『薄毛の治療』が2005年から正式に病院で診てもらえるようになったんだ!今回はその外科的治療と内科的治療の違いについて、簡潔にまとめたよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

テレビでさかんに、薄毛はお医者さんで治せる、というコマーシャルが流れるようになったが、あれは『男性型脱毛症=AGA』に効くとされる内服薬が2005年に厚生労働省の薬事承認を受け、正式に医師が処方できるようになったためにはじまったものである。

 

薄毛

 

外科的治療

 

外科的治療というのは、主に『自毛植毛』のことである。それらのメリットやデメリットは以下のとおりである。

 

メリット

  • 確実に自分の毛が生える
  • メンテナンス不要
  • 初期費用のみですみ、維持費がかからない

     

  • デメリット

  • 局所麻酔をともなう手術が必要
  • 術後にかさぶたや腫れが出る
  • 移植した毛髪が生えそろうまで時間がかかる
  • 技術の高い医師のいる施設がまだ少ない

     

    ニワトリ

    外科的治療っていうのは主に『植毛』なんだね!それが出来ればメンテナンスが不要だったり、維持費がかからないというメリットの一方、まだそれが確実に出来る技術をもった医師が少ないっていうのが現状だね!

    ぴよぴよ(でも、未来に行けば行くほど明るいっぽっす)!

     

     

    内科的治療

     

    内科的治療は、主に『服薬』のことである。それらのメリットやデメリットは以下のとおりである。

     

    メリット

  • 人に気づかれずに治療できる
  • 精神的、肉体的に手術に伴う負担が少ない

     

     

    デメリット

  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 中断すると脱毛が進み、もとの状態に戻ってしまう
  • 長期間にわたり薬代がかかる

    プロペシア等、薬での治療は一年が目安

     

    ニワトリ

    内科的治療の場合は、主に薬を服用するっていうことになるね!メリットは何と言っても人に気づかれずに水面下でミッションを遂行できるっていうことだけど、デメリットは服用を中断すると脱毛が進み、元の状態に戻るっていうことだね!その間の薬代も積み重なっていくよ!

    ぴよぴよ(まだまだこれからっすね)!

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    薄毛対策

    薄毛治療は皮膚科で行う。保険適用はされるの?

     

     

    更にテーマを絞った記事はこちら

    増毛

    増毛

    増毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    育毛

    育毛

    育毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

  • カテゴリー

    ↑ PAGE TOP