薄毛対策のノウハウを自分のものにする

薄毛・男性型脱毛症(AGA)対策のノウハウへようこそ

 

人の毛髪が抜ける理由は様々。例えば、

 

  • ストレスによる円形脱毛症
  • 抗がん剤の影響による脱毛
  •  

    薄毛対策

     

    そして圧倒的に多いのは、

     

  • 青年期から中年期にかけての男性の薄毛
  •  

    である。男の薄毛は医学的には『男性型脱毛症(AGA)』という名前がつけられている。思春期以降に、額の生え際頭頂部の髪が、どちらか一方、または両方から薄くなり、進行する症状をいう。

     

    薄毛対策

     

    遺伝や加齢などに加え、この男性型脱毛症にもっとも大きな影響を与えるのが、

     

  • テストステロン
  •  

    という男性ホルモン(アンドロゲン)の一種。テストステロンは男女ともに体内でつくられるホルモンだが、男性により多くあり、脱毛を促すシグナルを発信する物質はこれから作られる。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用があるのだが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、

     

  • ジヒドロテストステロン(DHT)
  •  

    という脱毛を促進する物質がつくられる。このDHTはテストステロンよりもホルモン活性が数十倍も強く、髪を作り出す元の毛母細胞の働き自体を弱めてしまい、薄毛を引き起こすのである。

     

    女性の場合は、男性型脱毛症ではなく、『びまん性脱毛症』と呼ばれることもある。女性の男性型脱毛症は、血中のテストステロン濃度は男性の20分の1から10分の1と言われているが、やはりテストステロンが代謝物のジヒドロテストステロン(DHT)となって毛の成長を妨げ、ヘアサイクルが短くなって発症する。

     

    キーワードとなるのは、

     

    チェック

     

  • 排泄(デトックス)
  • 活性酸素
  • IGF-Ⅰ
  • 間違ったシャンプー
  • 皮脂の洗い過ぎ
  •  

    だ。

     

     

    更にテーマを絞った記事はこちら

    増毛

    増毛

    増毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    育毛

    育毛

    育毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP